「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根部が自前で残っているかどうかの違いです。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部をそのまま残すことができれば冠状の人工義歯としてこれに対し、抜歯したとしたら、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、あごの骨に穴を開け直接、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療法がとられます。

避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べ高額な治療費です。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で期待はできませんが、普通のケースではまず条件の突破は難しいでしょう。

普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。
難しいケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを頭に入れておいてください。

いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

口を開けたところを見ることになればブリッジよりどちらかというとインプラントが優るというべきでしょう。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削り支えるために負担もある辛い面があります。インプラント手術の経験のない方にとってどれほど痛い手術なのだろうと恐れる方もおられるでしょう。

ほとんど痛くないのが普通です。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術に取りかかるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもないとは言えませんが、痛み止めの頓服薬を処方されると思うので、インプラント治療が困難だとされる大きな理由は、失敗するとしたとき、再度やり直しが非常に困難な治療だということです。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨の中にインプラントが埋まらなければ骨を大きく削り直すことになります。埋入するときのにもリスクがあって、埋入部分周辺の神経損傷ということにもなりかねません。